清水あいりさんといえば 今『童貞を殺す空手』でセクシー空手を披露され、面白い、マジで最高、直にうけたい(?)などと話題になっています。

あなたも一度は目にされたことがあるのではないでしょうか?

こうしてあらためて見ますと なかなか本格的な空手のように見えませんか?

空手のことはよくわからないのですが キレがあり素人がすぐに 芸としてできるものではなさそうです。

清水あいりさんは 本当に空手をされていて もしかするとかなりの腕前なのではないでしょうか?

清水あいりさんの空手の腕前と流派 その実力について徹底的に調べてみました。

Contents

清水あいりさんは本当に空手をしていた?!

3歳ころから上京する15歳までの12年間 ずっと空手をされていたそうです。

3歳というと やっと会話ができるようになった頃でしょうか。

そんなに小さな頃から空手をされていたんですね。

 

組手よりも型の方が得意で 当時は揺れる胸を隠すために晒しを巻いたりして必死だったそうですよ。

清水あいりさんのバストは85センチもあり 驚きのHカップです!

中学2年生の時にはすでにFカップあり 当時はすごいコンプレックスだったそうです。

確かに思春期の中学2年生でFカップもあるとさすがに 男子の視線も気になるし 嫌な思いをされたこともあったと思います。

でも Hカップのバストだからこそ空手という武道が よりセクシーで笑いのある親しみやすいものになっているのではないかと思います!

清水あいりさんの いい意味での武器になっているのではないかと…

清水あいりさんのしていた空手の流派とその実力とは?

12年間も空手をされていた清水あいりさん。

そういえば 2020年の東京オリンピックに空手が採用されて今まで以上に注目を集めていますね。

空手と言ってもたくさんの流派がありますが、清水あいりさんがされていた空手の流派は 一体どこなのでしょうか?

清水あいりさんがされていた空手の流派は 沖縄(琉球)空手の一つである沖縄首泊流です。

沖縄空手は 沖縄古来の武術と日本や中国の武術とが融合されて確立された武道です。

空手の流派は数え切れないほどあり、主な流派は、【首里手】【那覇手】【泊手】【上地流】が中心になっていますが、流派の主な違いはその形(型)型にあります。

そのなかで沖縄首泊流とは「首里手(シュイディー)」「泊手(トゥマイディー)」の伝統を大事にした伝統空手です。

清水あいりさんは小学6年で黒帯を取り、現在は黒帯初段の腕前だそうですよ。

琉球近畿大会で優勝された経験もあるとのことなので かなりの実力だと見受けられます!

 

まとめ

清水あいりさんは 本当に空手をされていて 黒帯初段という 凄い実力でした。

琉球近畿大会で優勝したことからも その実力は本物です。

また 流派は琉球空手で沖縄首泊流という伝統空手でした。

他にも格闘術 クラウ”マガもされていたそうですよ。

コンプレックスだったという胸と特技の空手を活かしたセクシーポーズのオリジナル空手が話題になっている清水あいりさん。

少しタレ気味の目とロリ顔にHカップのバストのギャップが たまらない魅力ですね。

今後は バラエティもドラマもいろいろな仕事に挑戦していきたいと意欲的です。

2020年は 恋をしたいとも話されているので 仕事に恋に大忙しになりそうですね。

元来 12年間も空手をされていたことからもわかるように頑張りやの清水あいりさん。

お体にを大切にしてこれからも頑張って欲しいです!!

 

最後まで読んで頂き ありがとうございました。